メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

珍品カブトムシ 注文殺到で品切れ 名張市

ヘラクレスオオカブト

 三重県名張市が、世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」を「ふるさと納税」の返礼品に導入したところ、昆虫ファンの間で話題となり、1日の開始から6日目で品切れとなった。養殖業者の生産が追い付かず、市の担当者は「目算が甘かった」と頭を抱えている。

 市は、寄付金3万円以上の寄付者に対して体長130ミリ、5万円以上には140ミリのオスのヘラクレスオオカブトを贈ると決めたところ、新聞やテレビの報道が相次ぎ、関東から沖縄まで1都2府9県から数十件の問い合わせが殺到。計18匹しか準備していなかったが、130ミリは品切れとなり、1…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです