メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空自機不明

心肺停止の1人発見 鹿児島の山中

消息を絶った空自機の捜索へ向かう自衛隊員ら=鹿児島県鹿屋市で2016年4月7日午前7時41分、矢頭智剛撮影

 航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機「U125」が鹿児島県上空でレーダーから消えた事故で、自衛隊は7日午後、同県鹿屋、垂水両市にまたがる高隈山周辺で銀色の箱状の破片を発見した。行方不明になっていた同機の破片の一部である可能性が高い。また、周囲に乗っていた隊員1人とみられる姿を確認した。心肺停止という。

 同機に乗っていたのは40代の男性3等空佐の機長と副操縦士、機上整備員2人と機上無線員2人。レーダー…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです