バドミントン選手賭博

NTT東日本 対応に追われ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バドミントンの桃田賢斗選手と田児賢一選手が所属するNTT東日本の本社=東京都新宿区で2016年4月7日午前8時33分、丸山博撮影
バドミントンの桃田賢斗選手と田児賢一選手が所属するNTT東日本の本社=東京都新宿区で2016年4月7日午前8時33分、丸山博撮影

 リオデジャネイロ五輪の開幕を8月5日に控えた日本スポーツ界が激震に見舞われた。バドミントン男子でメダルが期待される桃田賢斗選手(21)と、2012年ロンドン五輪代表だった田児賢一選手(26)=ともにNTT東日本=が賭博に関与していたことを認めた。桃田選手らの五輪出場は極めて厳しい。プロ野球巨人に続き、賭博問題がアマチュアスポーツ界に波及。バドミントン界は最近、好成績で勢いづいており、リオ五輪に向けて代表選びが進んでいる日本選手団に大打撃となった。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集