ゲノム編集

アレルギー遺伝子を持たないニワトリ開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

産業技術総合研究所などの研究チームが発表

 新しい遺伝子改変技術「ゲノム編集」によって、卵アレルギーの原因となるたんぱく質の一種「オボムコイド」を作る遺伝子を持たないニワトリを開発したと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが発表した。アレルギー原因物質の少ない鶏卵の開発が期待されるという。6日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。

 ゲノム編集技術は、従来の遺伝子組み換え技術よりも、正確に効率よく遺伝子を改変できる。特に農水畜産物の品種改良分野での期待が大きく、ブタや養殖マグロなどで研究が進んでいる。だがニワトリなどは遺伝子改変に適したタイミングで受精卵を操作することが難しく、ゲノム編集技術がほとんど使われてこなかった。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文668文字)

あわせて読みたい

ニュース特集