メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

谷祐治・大津市議

琵琶湖を挟む大津、草津両市の広域景観連携を推進

 急ぐときには危険を含む近道よりも、安全確実な遠回りを行くほうが得策であるということを「急がばまわれ」と言いますが、このことわざは、室町時代に連歌師宗長の詠んだ「もののふの 矢橋の船は速けれど 急がばまわれ 瀬田の長橋」に由来しています。当時、東海道を通って京都に向かうには、草津矢橋(やばせ)から琵琶湖を横断する航路のほうが唐橋経由の陸路より早かったものの、比叡山から吹き下ろす突風によって転覆の恐れがあったため、このような歌が詠まれたそうです。

 日本を代表する風景画家である歌川広重は、「諸国八景の内 近江八景」において、矢橋の湊から見た対岸の…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1354文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです