メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレーバック選挙

89年参院選 社会党躍進「山が動いた」

自民党の惨敗を報じる1989年7月25日付毎日新聞朝刊(東京本社発行最終版)

 「一般消費税導入」を掲げて1979年10月の第35回衆院選に臨んだ大平正芳(おおひらまさよし)首相でしたが、自民党の惨敗に終わり、大平首相も翌年6月に急死しました。消費税の実現にはその後も曲折があります。

 87年2月、中曽根康弘(なかそねやすひろ)内閣が税率5%の「売上税」導入を盛り込んだ税制改革法案を提出しましたが、翌3月の参院岩手補選で自民党は社会党(現社民党)に完敗し、4月の統一地方選も敗れて法案は廃案になりました。

 税率3%の消費税を導入する法律が成立したのは88年12月、竹下登(たけしたのぼる)内閣の時です。し…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです