メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

司法に翻弄された2人 問いかける「正義」と「公正」

「ふたりの死刑囚」の鎌田麗香監督(左)と斉藤潤一プロデューサー=花澤茂人撮影

 司法に人生を翻弄(ほんろう)された2人を追うドキュメンタリー映画が相次いで公開される。「袴田事件」で死刑確定後、2014年3月の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(80)。「名張毒ぶどう酒事件」で死刑が確定し、一度は再審が決まりながらその後取り消され、釈放されることなく獄中で亡くなった奥西勝元死刑囚(享年89)。スクリーンを通し、司法の正義や公正とは何かを問いかける。

 「袴田巌 夢の間の世の中」(1時間59分、公開中)は袴田とその姉秀子の日常を描く。釈放されたものの…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1006文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです