メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン&アイHD

企業統治、もろさ露呈 鈴木氏の人事案強行、裏目に

 「本人は一度辞任を了承したのに、その後拒否してきた」「創業家の伊藤家が人事案にはんこを押さなかった」−−。7日に東京都内で開かれたセブン&アイ・ホールディングス(HD)の鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83)の退任会見は、日本を代表する流通グループ企業のガバナンス(企業統治)体制の課題を露呈するものとなった。

 鈴木氏らは、この日の取締役会で否決された中核子会社でコンビニ事業を手がけるセブン−イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(COO、58)を交代させる人事案を巡る内紛を詳細に語った。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです