メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

中東混乱の無為=西川恵

 <kin−gon>

 イラク出身の女性建築家ザハ・ハディド氏が先月31日、入院していた米マイアミの病院で心臓まひのため死去した。65歳だった。女性初のプリツカー賞など数々の受賞歴をもち、世界の建築界に刺激を与え続けた強烈な個性の持ち主だった。

 日本で彼女が一躍注目されたのは、新国立競技場案にそのデザインが採用されながら白紙撤回された騒ぎでだったが、私は「イラク出身の女性建築家」という点に関心があった。アーティストに出身国や性別は関係ないと言えばそれまでだが、不安定な国情の中で育った女性のイスラム教徒が、どのように世界的な建築家になったか、だ。

 ハディド氏は1950年、バグダッドの裕福な家庭に生まれた。父は実業家で、自由主義的な政党の幹部だった。当時、イラクは親米欧の王制で、彼女はバグダッドでフランスのカトリック教会が運営するフランス語学校で学んだ。キリスト教やユダヤ教の児童も一緒に学んでいた。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 大阪で1日最多19人死亡 新たに501人が感染 新型コロナ

  3. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 梅三小路22日閉館 「笑顔でお別れしなきゃ、ダメなのよ」 梅田の移動ルート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです