メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

中東混乱の無為=西川恵

 <kin−gon>

 イラク出身の女性建築家ザハ・ハディド氏が先月31日、入院していた米マイアミの病院で心臓まひのため死去した。65歳だった。女性初のプリツカー賞など数々の受賞歴をもち、世界の建築界に刺激を与え続けた強烈な個性の持ち主だった。

 日本で彼女が一躍注目されたのは、新国立競技場案にそのデザインが採用されながら白紙撤回された騒ぎでだったが、私は「イラク出身の女性建築家」という点に関心があった。アーティストに出身国や性別は関係ないと言えばそれまでだが、不安定な国情の中で育った女性のイスラム教徒が、どのように世界的な建築家になったか、だ。

 ハディド氏は1950年、バグダッドの裕福な家庭に生まれた。父は実業家で、自由主義的な政党の幹部だっ…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです