メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「パナマ文書」の衝撃=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 いまさら、マックス・ウェーバーでもないのだが、資本主義と民主主義の崩壊過程を目のあたりにするような報道に触れていると、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を思い出す。近代の資本主義を支え発展させたのは、プロテスタンティズムの禁欲主義、勤勉な精神、合理主義とする説が懐かしくなる。

 秘匿性が高く、機密に守られているはずのタックスヘイブン(租税回避地)文書が、ハッキングによって法律事務所から漏えいし、利用者の実態を暴露した「パナマ文書」が世界中で報道されている。タックスヘイブンを利用すること自体は、ほとんどの場合、違法ではないのだが、政権担当者である政治家の利用につ…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです