メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
損賠訴訟

架空口コミ投稿、楽天と業者和解 大阪地裁

 ネットの大手通販サイト「楽天市場」を運営する楽天(本社・東京)が、出店者の評判をつり上げる架空の口コミ投稿を繰り返されたとして、業者に約2億円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁で和解した。昨年10月22日付で、業者が不正な投稿を全面的に認め、和解金1000万円を支払う内容。楽天が業者の刑事責任を求めないことも含まれている。

 業者は大阪市北区のシステム開発会社。訴状によると、開発会社は楽天市場に出店していた121店と、利用…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文438文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです