メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損賠訴訟

架空口コミ投稿、楽天と業者和解 大阪地裁

 ネットの大手通販サイト「楽天市場」を運営する楽天(本社・東京)が、出店者の評判をつり上げる架空の口コミ投稿を繰り返されたとして、業者に約2億円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁で和解した。昨年10月22日付で、業者が不正な投稿を全面的に認め、和解金1000万円を支払う内容。楽天が業者の刑事責任を求めないことも含まれている。

 業者は大阪市北区のシステム開発会社。訴状によると、開発会社は楽天市場に出店していた121店と、利用客になりすまし商品を高く評価する投稿に、150件ごとに8万円を支払う契約を締結。楽天の調査で架空投稿は約11万4000件に上ったとされた。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです