メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

腰部脊柱管狭窄症による腰痛 保存療法で症状抑える

 日本人が訴える体の不調のうちで常に上位にランクされる腰痛。さまざまな原因があるが、超高齢社会になり腰の背骨の変形によって神経や血管が圧迫される腰部脊柱(せきちゅう)管狭窄(きょうさく)症による腰痛が増えている。石岡整形外科(石井町高川原)の石岡博文理事長と森本訓明院長に原因や対処法を聞いた。

 ■原因

 −−腰痛を訴える人が多いと言われています。

この記事は有料記事です。

残り3109文字(全文3282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです