メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

腰部脊柱管狭窄症による腰痛 保存療法で症状抑える

 日本人が訴える体の不調のうちで常に上位にランクされる腰痛。さまざまな原因があるが、超高齢社会になり腰の背骨の変形によって神経や血管が圧迫される腰部脊柱(せきちゅう)管狭窄(きょうさく)症による腰痛が増えている。石岡整形外科(石井町高川原)の石岡博文理事長と森本訓明院長に原因や対処法を聞いた。

歩くと痛みやしびれ、重要なリハビリも我流は禁物 問診と画像で確定

 ■原因

 −−腰痛を訴える人が多いと言われています。

この記事は有料記事です。

残り3077文字(全文3282文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです