メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

日本選手権 女子200バタフライ・16歳長谷川、女子200個人メドレー・15歳今井がリオへ 初の代表入り

 今夏のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた競泳の第92回日本選手権は第4日の7日、東京辰巳国際水泳場で決勝3種目などがあった。

 女子100メートル背泳ぎ決勝は14歳の酒井夏海(スウィン南越谷)が1分0秒12で初優勝。リオ五輪への派遣標準記録に0秒27届かなかったが、400メートルメドレーリレーの標準個人記録(1分0秒25)はクリアし、初の五輪出場が有力になった。女子200メートルバタフライ決勝では、昨年の世界選手権優勝で五輪代表内定の星奈津美(ミズノ)が2分6秒32で大会7連覇。0秒60差で2位の16歳、長谷川涼香(すずか)=東京ドーム=も派遣標準記録を突破し、初の五輪代表に内定した。女子200メートル個人メドレー決勝は寺村美穂(セントラルスポーツ)が2分9秒87で初優勝。2位の15歳、今井月(るな)=愛知・豊川高=も2分10秒76で派遣標準記録をクリアして代表に内定した。

 男子200メートル平泳ぎ準決勝では、5大会連続五輪出場を目指す33歳の北島康介(日本コカ・コーラ)…

この記事は有料記事です。

残り1835文字(全文2279文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです