モンチッチ

故郷で公園に…防災機能も 東京・葛飾

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成したモンチッチ公園の前に立つ、玩具メーカー「セキグチ」の関口晃市会長=東京都葛飾区西新小岩5で
完成したモンチッチ公園の前に立つ、玩具メーカー「セキグチ」の関口晃市会長=東京都葛飾区西新小岩5で

 世界中で人気が高いサルのぬいぐるみ「モンチッチ」の誕生の地である東京都葛飾区に「モンチッチ公園」が整備され、9日オープンする。区が製造元の工場の跡地を買い取り、防災機能も備えた公園として整備した。いたるところにモンチッチがあしらわれており、ファンに愛されそうだ。【柳澤一男】

世界で7000万個売り上げの人気者

 モンチッチは1974年、おもちゃの町工場が集まる葛飾区にあった玩具メーカー「セキグチ」が発売した。同社は18年に創業し、セルロイド加工による輸出用の人形を製造していたが、73年の変動相場制導入で円高が進み、輸出は不振に陥った。国内で需要がある商品を作る必要に迫られ、動物のぬいぐるみの製造を決定…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文758文字)

あわせて読みたい

注目の特集