CO2削減・経済成長

欧米など21カ国で両立

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
主な国のCO2排出量と実質GDPの変化
主な国のCO2排出量と実質GDPの変化

再生エネ活用で…米研究機関分析

 経済成長を果たすとともに、地球温暖化をもたらす二酸化炭素(CO2)の排出量削減に成功した国が、米国やドイツ、スイスなど21カ国に上ったとする分析結果を、米国のシンクタンク「世界資源研究所」がまとめた。経済成長とCO2削減を同時に進めることは困難と言われてきたが、再生可能エネルギーの活用などで両立可能だと指摘している。一方、日本はCO2排出量と、国内総生産(GDP)の両方とも増加し、21カ国には含まれなかった。

 世界銀行などが公表している各国の実質GDPと、産業や家庭で燃料や電気を使うことによるエネルギー起源CO2排出量について、2000年と14年のデータを比較した。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文764文字)

あわせて読みたい

注目の特集