メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ国民投票

ウクライナ連合協定「反対」

 【ブリュッセル八田浩輔】オランダで6日、欧州連合(EU)とウクライナの連合協定の是非を問う国民投票が行われ、即日開票の結果、反対が賛成を大きく上回った。国民投票はEU懐疑派のブログ運営者らが署名を集めて実施にこぎつけた経緯から、EU統合深化の是非が事実上の争点となり、懐疑派が狙い通りの結果に持ち込んだ形になった。

 オランダANP通信が報じた開票速報によると、反対が61.1%、賛成38.1%だった。投票率は32.2%で、結果が有効となる30%をわずかに上回った。しかし2012年の総選挙の投票率は75%近く、今回の国民投票が国内で高い関心を呼んだとは言い難い。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです