非正規独身女性

3割が年収150万円未満 横浜市調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 非正規雇用で独身の女性の3割が年収150万円未満で暮らし、6割が解雇の不安を抱えていることが、公益財団法人「横浜市男女共同参画推進協会」が全国で初めて実施した生活実態調査で明らかになった。「自由に生きている」と誤解されがちで社会的支援の乏しい非正規シングルだが、苦境から抜け出せずに悩む姿が浮き彫りになった。

 調査は昨年10月、横浜市などで暮らす非正規雇用で35〜54歳の独身女性261人にインターネットを利用して実施した。最終学歴は大学・大学院卒が53%、短大・専門学校卒が32%など。就業の形態は契約・嘱託が29%、派遣が23%、パート・アルバイトが20%などだった。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1162文字)

あわせて読みたい

注目の特集