メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

葛西臨海水族園

マグロ大量死は複数要因 調査結果発表

新たに投入されたクロマグロと共に水槽で泳ぐ生き残ったクロマグロ(右の大きいマグロ)。黄色のテープはマグロが衝突しないように水槽に張られた=東京都江戸川区の葛西臨海水族園で2015年6月22日、後藤由耶撮影

 東京都立葛西臨海水族園(江戸川区)で展示されていたクロマグロなどが2014年12月以降に大量死した問題で、都は7日、死んだ原因は細菌などの感染や水槽の壁面への衝突、特定の個体の動きによるストレスといった複数の要因だったとする調査結果を発表した。

 調査結果では、一部の個体からウイルスや細菌が検出され…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです