メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒヨドリ

小笠原の2種、祖先は別 森林総合研

 世界自然遺産・小笠原諸島にすむ固有種のヒヨドリ2種は、まったく違う地域が起源だったと、森林総合研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが7日発表した。それぞれの祖先が異なる時期に来て、独自に進化したと考えられるという。

 小笠原諸島では、北部の小笠原群島(父島など)にオガサワラヒヨドリ、南部の火山列島(硫黄島など)にハシブトヒヨドリが生息している。両地域は最も近いところで約160キロしか離れておらず、ヒヨドリが飛行できる距離だが、分布域がはっきり分かれる。

 チームは2007〜10年、2種のヒヨドリを捕獲して血液を採取。小笠原諸島以外のヒヨドリとDNAを比…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文641文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです