メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

違法カジノ

バドミントンの田児、桃田選手の会見詳報(1)

記者会見するNTT東日本バドミントン部の桃田賢斗選手(手前)。奥は涙を流す田児賢一選手=東京都千代田区で2016年4月8日午後3時51分、森田剛史撮影

 バドミントン男子日本代表の桃田賢斗(けんと)選手(21)と2012年ロンドン五輪に出場した田児(たご)賢一選手(26)が東京都内の違法カジノ店で賭博をしていた問題で、所属先のNTT東日本は8日午後、記者会見を開いた。同社のバドミントン部の奥本雅之部長が現時点での調査結果を報告し、出席した両選手は「軽率な行動で信頼を裏切ってしまい、申し訳ない」と声を詰まらせながら謝罪した。会見での主なやり取りは以下の通り。【錦織祐一、大村健一/デジタル報道センター】

 奥本部長 弊社社員のバドミントン部所属選手がいわゆる違法カジノ店にて賭博行為を行っていたことは誠に残念。部を支援してくれた皆様、バドミントン協会をはじめ関係者の皆様に多大なるご迷惑をお掛けしたことを心よりお詫びいたします。誠に申し訳ありませんでした。

この記事は有料記事です。

残り4022文字(全文4375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです