メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・春・音楽祭2016

注目の「ジークフリート」万雷の喝采

写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳聡

[PR]

【東京春祭ワーグナー・シリーズvol.7「ニーベルングの指環(リング)」第2夜 楽劇「ジークフリート」全3幕演奏会形式上演 初日終了】

 東京・春・音楽祭のメーン企画であるワーグナーの舞台作品を演奏会形式で取り上げる「東京春祭ワーグナー・シリーズ」の第7弾、楽劇「ジークフリート」(全3幕、日本語字幕・映像付き)が7日、東京文化会館で上演された。

 同シリーズでは2014年から楽劇4部作からなる「ニーベルングの指環(リング)」をマレク・ヤノフスキ指揮NHK交響楽団の演奏で毎年1作ずつ上演し、好評を博している。とりわけ今年はワーグナー作品上演の総本山といわれるドイツ・バイロイト音楽祭でヤノフスキが「リング」の指揮を担当するとあって、各方面から注目を集めるステージとなった。このためか客席には、イオアン・ホーレンダー前ウィーン国立歌劇場総裁やワーグナーを得意とするオーストリアのテノール歌手、アドリアン・エレートらオペラ界の大物たちが姿を見せていた。

写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳聡

 ヤノフスキはオーケストラを細やかにコントロールしながら、速めのテンポ設定とバランスを重視した音作りでライトモティーフ(示導動機)を明快に浮かび上がらせるなどして、多くの人に分かりやすく、聴きやすい「ジークフリート」に仕上げていた。一昨年、昨年に続いて今年もウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスター、ライナー・キュッヒルがゲスト・コンマスを務め、高い集中力と確信に満ちた弓さばきでオーケストラ全体を巧みにリードし、上演を成功に導いていたのが強く印象に残った。

 さらに第2幕、ジークフリートの角笛のソロをノーミスで見事に吹ききったホルンの福川伸陽に対しても、幕間のロビーのあちらこちらで賞賛の声があがっていた。

 若々しく伸びのある歌唱を披露した題名役のアンドレアス・シャーガー、バイロイトでも高い評価を得ているミーメ役のゲルハルト・ジーゲルら歌手陣のコンディションも申し分なく終演後、客席からは万雷の喝采が送られていた。10日午後3時から同じく東京文化会館で2回目の公演が行われる。

          ◇

 今回の「ジークフリート」のステージについては、改めて「アンコール」のコーナーで詳報します。

写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳聡

公演データ

【東京春祭ワーグナー・シリーズvol.7「ニーベルングの指環(リング)」第2夜 楽劇「ジークフリート」全3幕演奏会形式上演 日本語字幕・映像付き】

4月7日(木)15:00/10(日)15:00 東京文化会館大ホール

写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳聡

指揮:マレク・ヤノフスキ

ジークフリート:アンドレアス・シャーガー

ブリュンヒルデ:エリカ・ズンネガルド

さすらい人:エギルス・シリンス

ミーメ:ゲルハルト・ジーゲル

アルベリヒ:トマス・コニエチュニー

ファーフナー:シム・インスン

エルダ:ヴィーブケ・レームクール

森の鳥:清水理恵

管弦楽:NHK交響楽団(ゲストコンサートマスター:ライナー・キュッヒル)

音楽コーチ:トーマス・ラウスマン

映像:田尾下 哲

写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳聡
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 東京都内で186人の感染確認 重症者10人増え51人 新型コロナ

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです