メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

狭山池(大阪狭山市) 暮らしを潤し1400年

満開の桜とラバー・ダックでにぎやかな狭山池=大阪狭山市で、松井宏員撮影

 「風の手枕」という言葉があります。風に吹かれてうたた寝することを言います。同じ手枕でも「夢の手枕」になると、「夢の中で恋しい人がしてくれる手枕」と、ぐっと色っぽく。ならば「時の手枕」は、夢かうつつか、恋しい人ならぬ時のかなたへ思いをはせる、歴史散歩に出かけましょう。

 第1回は、今年築造1400年を迎えた狭山池(大阪狭山市)。取材に行った3月末は堤の1400本の桜が満開で、老若男女が桜の下で思い思いに春を満喫していた。記念イベントで、現代アートのでっかいアヒル「ラバー・ダック」が池に浮かんでいて、子どもたちが大喜び(5月8日まで)。

 おっと、花見に来たのではなかった。40分程度で1周(2850メートル)できる狭山池は、ダム式ため池では日本最古。ダム式とは、川をせき止めて堤を造った、つまり人工の池ということだ。昨年、ため池単体では初めて国史跡に指定された。大きな被害を出した1982年の豪雨災害を受け、約450億円をかけて2002年までの16年がかりで池底を掘り下げ、堤をかさ上げする「平成の大改修」を行った。貯水量を100万立方…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです