メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

技・伝承

伊賀くみひも 流れるような手さばき 後継者の育成は個々の問題 /愛知

伝統工芸士の増井さんは指揮者のように絹糸を巻いた玉を操り、帯締めを組んでいく。手組みの帯締めは、一度締めると締め直す必要がないほど緩みにくいという=三重県伊賀市で

 色鮮やかに染まった幾本もの絹糸が、職人の流れるような手さばきで1本の美しい帯締めへと組み上げられていく。

 三重県伊賀市特産の「伊賀くみひも」は、絹糸を複雑に組んで作った芸術性の高いひもだ。丈夫で伸縮性に富んだ特性を生かして奈良時代から武具や神具などに使われてきた。1876年の刀廃令による武家社会制度の崩壊とともに伊賀の組みひも作りは衰退した。1902年、東京から江戸組みひもの技術を習得した広沢徳三郎氏が、同県上野市に糸組工場を設立、帯締めなどを製造して伊賀くみひもはよみがえった。

 時代が和装から洋装へ変わると、再び需要が減った。高度経済成長期の機械化、より安い工賃の中国で作られるようになると、「組子」と呼ばれる下請け職人が激減した。76年に通産相より伝統的工芸品の指定を受けて、後継者育成事業や販売促進事業を行ったが、後継者の増加と需要の拡大にはつながらなかったという。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. パンダ良浜に妊娠の兆候 11~12月の出産見込み、公開休止 和歌山・白浜

  3. 酒井法子さんの元夫、また逮捕 覚醒剤使用の疑い 警視庁

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです