メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

教育改革・現場からの報告 奈良・一条高の「よのなか科」 プレゼンで鍛える「生きる力」 /大阪

「観光の活性化、魅力的な情報発信 どうする?」

 「どうすれば奈良の観光は活性化するか。今日は、そんな壮大なテーマで生徒5グループにプレゼンテーションしてもらいます」。司会の錦秀知・奈良市教委教育政策課長(当時)の声が響いた。

 2月11日午前8時、祝日のため人けのない奈良市立一条高校の校舎4階。視聴覚教室に一条高生や教育・行政関係者ら約50人が集まった。主役は、プレゼンする生徒たち。大人たちはそれを聞いていろいろな質問をぶつける役目だ。

この記事は有料記事です。

残り1669文字(全文1888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです