メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
脳脊髄液減少症

髄液漏れ 知事に要望 支援団体、病気啓発など /和歌山

仁坂知事に要望書を手渡す中井県代表(右から2人目)=和歌山県庁で、阿部弘賢撮影

 交通事故やスポーツなどで体に強い衝撃を受けた時などに発症する「脳脊髄(せきずい)液減少症(髄液漏れ)」の治療法「ブラッドパッチ」が今月1日から保険適用されたことを受け、支援団体や患者が8日、県庁で仁坂吉伸知事に治療の推進や支援対策を要望した。保険適用後の都道府県への要望は初めてという。

 脳脊髄液減少症は、脳と脊髄を包む硬膜か…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文325文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです