メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一つの御柱祭

群馬・南牧村で51回目 17日開催

群馬県南牧村の前回(2010年)の御柱祭で、巨木に結びつけられたロープを引く参加者たち=南牧村民提供

 勇壮な「木落し」で知られる長野県の諏訪大社御柱祭が開催中だが、群馬県南牧村(なんもくむら)では「もう一つの御柱祭」が17日に開かれる。高齢化率全国一の村にある分社が舞台で、「本家」同様6年ごとの伝統行事。人手不足で廃止の危機に陥ったが、県内外から「手伝いたい」と支援が相次ぎ、よみがえった。「村の活性化につながれば」。村民の願いを乗せて51回目を迎える。

 「本家」は巨木に乗って急斜面を滑り降りるのが有名だが、南牧村は違う。村の氏子らで作る実行委員会の一…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです