メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスボス島市長

EUに難民保護要請 「引き受けに限界」

取材に応じるレスボス島のスピロス・ガリノス市長=ギリシャ東部レスボス島で2016年4月8日午後0時42分、三木幸治撮影

 【レスボス島(ギリシャ東部)三木幸治】欧州連合(EU)によるギリシャからトルコへの難民・移民の強制送還を巡り、ギリシャ・レスボス島のスピロス・ガリノス市長(64)が8日、毎日新聞の取材に応じた。同島では2500人以上の難民らが一斉に難民申請を始めたが、「手続きには最低でも1カ月かかる」と説明。また「全難民を引き受けることはできない。EUの政治的意思が問われている」と述べ、EUに難民保護を要請した…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  3. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです