川内原発

住民側弁護団、特別抗告せず 抗告棄却決定で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の周辺住民らが運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、住民側弁護団は8日、抗告を棄却した福岡高裁宮崎支部の決定に対し、最高裁に特別抗告などの手続きを取らないと発表した。

 弁護団は、抗告しない理由として「(特別抗告などは)主張と立証に法律上かなりの制約があり、必ずしも有利かつ適切とは…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

あわせて読みたい

注目の特集