メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ

佐々木前監督里帰り 出迎えに「びっくりぽん」

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の前監督で山形県尾花沢市出身の佐々木則夫さん(57)が8日、監督退任後初めて地元に里帰りした。同市役所では市民や市職員約120人が出迎え、拍手で功績をたたえねぎらった。佐々木さんは「熱い応援でなでしこを後押ししてもらった。本当に感謝している」とあいさつした。

 また、佐々木さんは「そばを食べ、友人に会い、尾花沢に帰ってきたという実感が湧いた。地元のみなさんにあいさつできてすっきりした」と話した。加藤国洋市長は「数々の感動の試合は市民の胸に刻まれている。お疲れさま、…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです