違法カジノ

バドの田児選手、涙で「桃田選手は日本の宝」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

記者会見で桃田選手「軽率な行動で期待裏切った」と謝罪

 違法カジノ店での賭博行為を認めたバドミントン男子日本代表の桃田賢斗選手(21)と2012年ロンドン五輪代表の田児賢一選手(26)=ともにNTT東日本=が8日、東京都内で記者会見を開いた。今夏のリオデジャネイロ五輪への出場が絶望的になった桃田選手は「五輪は小さい頃から夢だった。軽率な行動で期待や応援を裏切った」と謝罪した。

 両選手は茶髪を黒に染め直し、スーツ姿で深々と頭を下げ、反省と後悔を口にした。桃田選手は違法行為に手を染めた理由を「スポーツマンで勝負の世界で生きている以上、ギャンブルに興味があり、抜けられなかった」と語った。昨秋、プロ野球・巨人の選手による野球賭博関与が発覚して「人ごとではなかった。解雇の報道を見て、怖くて誰にも言えなかった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1064文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集