メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北野天満宮

社務所前に新品種の桜、「北野桜」と命名

新種の可能性が高いことが分かった「北野桜」=京都市上京区の北野天満宮で2016年4月8日午後3時8分、小松雄介撮影

 北野天満宮(京都市上京区)は8日、社務所前にある桜が新品種である可能性が高いと発表した。開花時は白っぽく徐々にピンクに色づく特徴があり、「北野桜」と名付けた。住友林業(東京都千代田区)の協力を得て苗木の増殖に成功しており、橘重十九(しげとく)宮司は「素晴らしい桜を次代に伝えたい」と話している。

 梅の名所として知られる天満宮だが、境内に…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです