メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空自機墜落

6人全員の死亡を確認 低い高度で山に衝突か

焼け跡が残る墜落現場から担架を搬送する自衛隊のヘリコプター=鹿児島県鹿屋市で2016年4月8日午前9時57分、本社ヘリから津村豊和撮影

 航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属の飛行点検機「U125」(乗員6人、全長15.6メートル)が鹿児島県鹿屋市の御岳(おんたけ)山中に墜落した事故で、自衛隊は8日、現場付近で心肺停止状態で見つかった6人全員の死亡を確認した。6人が搭乗していた空自隊員とみて、身元の確認を急いでいる。

 現場の状況から、同機は山のふもと側から山頂側に向けて衝突したとみられ、山に接近して回避できず、低い高度のまま衝突した可能性が高まった。

 搭乗していた隊員は、機長の平岡勝3佐(46)▽副操縦士の原口司1尉(34)▽機上無線員の白鳥博己准…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文854文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです