競泳

10人がリオ五輪内定 北島は5大会連続ならず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新たに10人の五輪内定者が誕生した。今夏のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第5日は8日、東京辰巳国際水泳場で男女の決勝4種目などがあり、男子200メートルバタフライは、瀬戸大也(JSS毛呂山)が1分54秒14で3連覇。坂井聖人(まさと)=早大=が1分54秒21で2位に入り、ともに派遣標準記録を上回って五輪代表に内定した。坂井は初代表。男子200メートル平泳ぎは、小関也朱篤(やすひろ)=ミキハウス=が2分8秒14で2連覇し、渡辺一平(早大)が2位に入って五輪代表に内定した。北島康介(日本コカ・コーラ)は2分9秒96で5位に終わった。

 男子100メートル自由形は、中村克(かつみ)=イトマン東進=が48秒25の日本新記録で2連覇。塩浦慎理(イトマン東進)、小長谷研二(岐阜西SC)、古賀淳也(第一三共)の上位4人が400メートルリレーの代表に内定した。女子100メートル自由形は、内田美希(東洋大)が53秒88の日本新記録で3連覇。池江璃花子(りかこ)=ルネサンス亀戸、松本弥生(ミキハウス)、山口美咲(イトマンSS)の上位4人が40…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文892文字)

あわせて読みたい

注目の特集