メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

伊集院光さん「ラジオの動かす力は圧倒的」 初の朝番組に熱弁

いじゅういん・ひかる 1967年、東京都生まれ。高校在学中、三遊亭円楽一門に入門。91年に始まったニッポン放送「伊集院光のOh! デカナイト」(95年4月に終了)などで人気ラジオパーソナリティーとして知られるようになった。NHK・Eテレ「100分de名著」(月曜午後10時25〜50分)で司会を務め、昨秋にBS12トゥエルビで放送されたテレビ番組「伊集院光のてれび」(全13回)のブルーレイが3月から毎月1巻ずつ発売されている。183センチ、130キロ。

 TBSラジオ「深夜の馬鹿力」(毎週月曜深夜1〜3時)が抜群の人気を誇り、「ラジオの帝王」とも称されるタレントの伊集院光さん(48)が、11日から同局で始まる「伊集院光とらじおと」(月〜木曜、午前8時半〜11時)で初めて朝の帯番組に進出する。深夜ラジオは縦横無尽なトークで笑わせ、テレビは知的なイメージでクイズ番組でも活躍する伊集院さん。インタビューの話題は、新番組に向けた意気込みだけでなく、「オールドメディア」のラジオがチャンスを迎えているという実感、発言による「炎上」との接し方など多岐にわたった。【大村健一/デジタル報道センター】

 −−11日から新番組が始まります。心境は。

 伊集院さん 今は割と「早く始まれ」という気持ちになっていますね(インタビューは3月24日)。子どものころ、学校での予防注射で、最初に並ぶのがいいのか、後で並ぶのがいいのか、という場面に近いかもしれません。ドキドキする時間が長いよりも、まずやってみて修正していく方がいいので、始めてしまいたいです。

この記事は有料記事です。

残り7787文字(全文8227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです