メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

銀行に預けると損!?の巻

マイナス金利で金庫が売れる!? お得な買い物技術とは

[PR]

日銀がマイナス金利を導入しました。金利がマイナスということは、私たちのお金も銀行に預けていると損をしてしまうのでしょうか? そうではありません。一般の銀行預金にマイナス金利は適用されないのです。マイナス金利は、金融機関が日銀に預けているお金の一部に導入されます。 今までは年0.1%の利子が付いていましたが、2016年2月16日からマイナス0.1%になりました。
なぜ、日銀にお金を預けるのでしょう。金融機関は万一に備え、日銀に一定額を預ける義務があるからです。利子が付くなら、銀行は預金しておこうと考えますよね。 しかし、景気を良くするには、市場に出回るお金の量を増やす必要があります。日銀に預けると損をするなら、企業や個人にお金を貸して利子を取る方が得だということになり、日銀の狙いはそこにあります。 一方、私たちの預金はどうでしょう。都市銀行の普通預金金利は0.02%から0.001%になりました。100万円を1年預けても、利息はたったの10円です。
利息が期待できないなら、何か買おうと考える人も増えるかもしれないですね。また、ローン金利が低下することも、消費者にとってはメリットになります。 例えば自動車です。ホンダは新車販売で、1.9%からという低金利のキャンペーンを展開していました。 では、住宅ローンではどうでしょう?金利が下がれば月々の返済額が同じでも、より高額の物件が買えることになります。 また、ローン借り換えで借金が減る場合もありますが、本当に得かどうかよく考えるべきですね。
大手百貨店の「友の会」も人気です。消費者が12カ月積立てし、積立額に1カ月分を加算して商品券などを販売するものです。しかし、車も家も買う予定がなく、デパートでも買わないという人も多いようです。 一方、小型の金庫の売れ行きが伸びた店もあり、「たんす預金」が増えているのかもしれません。それでは消費が増えず、景気は良くならないかもしれませんね。 肉屋さんで善蔵がコロッケ2個に加えてメンチを買うなんて景気がいいのかもしれませんが、給料日前でお財布には300円だけ…。100円足りませんでした。 まずは財務状況を確かめた方が良いですね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです