メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「出資」と「融資」の違い

事業や買い物に必要なお金を出すこと 違いは返済の有無

[PR]

曙「スタートアップ!」
曙「最近、スタートアップを始める友達が多いんだよね~」 ケビン「『スタートアップを始める』だなんて『頭痛が痛い』みたいダネ!というのは冗談で、曙クンの周りは起業する人が多いの?」 曙「ちょっとしたブームみたいなものだね~」 ケビン「起業がブームだなんて、スゴイ……」 曙「でも、お金についてはもっとしっかり勉強してほしいなぁ~」
ケビン「ドウシテ?」 曙「『出資』と『融資』の違いが分からない人もいるんだよ~」 ケビン「ナント!それは勉強してもらわなければイケマセンネ!」
さて、では今回は「出資」と「融資」の違いについて解説します。 「出資」と「融資」は、いずれも起業したり、事業を運営したりするのに必要な資金を外部から調達してくることです。では、双方の違いは何でしょう。 まず、「出資」とは、資金を会社に出捐(しゅつえん)することです。「出捐」とは寄付することです。
つまり「出資」とは、お金をあげることなのです。会社が出資金を返済する義務はありません。 出資者は寄付するだけでなく、株主となったり、経営に参加したりして、会社の成長に関与します。会社側は、利益を出し配当金などの形で、出資者に還元するわけです。 一方の「融資」は、会社に資金を貸し付けることです。融資されたお金と、その利息を返済する義務が発生するのが「出資」との違いです。 「融資」元となる金融機関などは、貸したお金が踏み倒されることのないよう、厳密に審査をします。貸し付け後は、債権者として会社側に返済を求めます。 ケビン「住宅ローンなど、個人相手の貸し付けでも同じデスネ」
曙「CFOとして迎えてね~」
曙「もし事業を拡大するならCFO(最高財務責任者)として迎えてね~」 ケビン「確かに曙クンに、財務を任せられるなら安心カモ」 曙「資金調達ならお任せあれ~」 ケビン「でも、デイトレードでの資金調達は勘弁シテネ……。リスク高そう……。では、まとめにイキマスネ」
「出資」には、「資金の返済義務がない」 「融資」には、「資金の返済義務がある」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです