メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小川内の杉

巨木、急坂なんの 43メートルの高台移植事業、引き上げ完了 吉野ケ里ダム水没予定地 /佐賀

斜面を上部に向けて移動する「小川内の杉」=須賀川理撮影

 佐賀、福岡両県境で建設中の五ケ山ダムの水没予定地(吉野ケ里町)にある佐賀県天然記念物「小川内(おがわち)の杉」の移植事業が9日、クライマックスを迎え、高低差43メートルの斜面を引き上げる作業が完了した。

 樹齢700〜800年とされる杉は地元の山祇(やまづみ)神社の神木で、地域の住民に親しまれている。3本の木が癒着した形の…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです