メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小川内の杉

巨木、急坂なんの 43メートルの高台移植事業、引き上げ完了 吉野ケ里ダム水没予定地 /佐賀

斜面を上部に向けて移動する「小川内の杉」=須賀川理撮影

 佐賀、福岡両県境で建設中の五ケ山ダムの水没予定地(吉野ケ里町)にある佐賀県天然記念物「小川内(おがわち)の杉」の移植事業が9日、クライマックスを迎え、高低差43メートルの斜面を引き上げる作業が完了した。

 樹齢700〜800年とされる杉は地元の山祇(やまづみ)神社の神木で、地域の住民に親しまれている。3本の木が癒着した形の…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです