メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
安心のかたち

待機児童、緊急対策後の春 一時預かり「プラチナチケット」

職員から説明を受ける、保育所の入園相談に訪れた母親=東京都杉並区役所で6日、堀井恵里子撮影

 「保育園落ちた」のブログに端を発した親たちの不満の高まりから、政府は待機児童の緊急対策を出す事態に至った。4月を迎えた今、保育園に落ちた親子はどうしているのか。【桐野耕一、堀井恵里子】

待機児童、親の苦闘

 今月6日の東京都杉並区役所保育課の相談窓口。5月以降の保育所入所相談のため、子供を連れた母親らが順番待ちをしていた。

 1歳の長女を連れた区内の女性(33)は次の入所の機会を目指し、改めて8カ所を申し込んだ。

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文1965文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです