メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 タックスヘイブン、何が問題なの?=回答・横山三加子

脱税など犯罪の温床にも 各国首脳らに取引疑惑

 なるほドリーマン君 世界の指導者や著名人が「タックスヘイブン」でお金の取引をして問題になっていると聞いたよ。タックスヘイブンって何なの?

 記者 所得税や企業のもうけにかかる法人税などを免除したり、極端に少なくしたりしている国や地域のことです。税(tax)からの避難先(haven)の意味で「租税回避地(そぜいかいひち)」とも言われます。租税回避地として有名なのはカリブ海の英領バージン諸島やケイマン諸島、パナマやバハマなどです。基幹(きかん)産業が育ちにくい小国がほとんどで、富裕層(ふゆうそう)や大企業などの海外資本を呼び込む戦略です。

 Q 富裕層や大企業はどうやって租税回避地を使っているの。

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです