メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・本と人

『歌舞劇 ヤクシャガーナ』 著者・森尻純夫さん

森尻純夫さん=宮間俊樹撮影

 (而立書房・2592円)

インド南部で湧き上がる文化 森尻純夫(もりじり・すみお)さん

 1960〜70年代のアングラ劇ブームの嚆矢(こうし)となった演出家・鈴木忠志や劇作家・別役実らが築いた早稲田小劇場。76年、同劇場を鈴木たちが去った後に引き継ぎ、早稲田銅鑼魔(どらま)館として運営してきた生粋の演劇人である。インド南部の伝統的歌舞劇「ヤクシャガーナ」と出合って以来、現地の大学の客員教授を務めながら見つめ続けた芸能の神髄と歴史を語る。

 初めて現地で「ヤクシャガーナ」を見たのは89年。自身がルーツとしてきた小劇場やアングラ劇と同じく、…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1005文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです