メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『佐野碩−人と仕事 1905−1966』=菅孝行・編

 (藤原書店・1万260円)

心血注いだ俳優教育、実態明らかに

 佐野碩(せき)をご存じだろうか。戦前の左翼演劇で活躍した人で、その人生は数奇をきわめた。

 明治三八(一九〇五)年中国天津で後藤新平の娘と医師佐野彪太(ひょうた)の間に生まれた。暁星、開成、浦和高校から帝大法学部に入学。在学中に芝居と左翼思想にひかれ、学生時代から左翼演劇の演出で活躍。そのために当時の政府の弾圧を受け、昭和六(一九三一)年渡米。ロンドン、パリ、ベルリンを経てモスクワでメイエルホリドの演出助手を務め、粛清の嵐のために、アメリカから中米メキシコに渡り、後半生はメキシコで多くの演劇人を育てた。その後も日本に帰らず、昭和四一年、六一歳で病死した。

 彼が日本を出たのは二六歳。その後の人生を海外で過ごしたため、国際的な演劇人であったにもかかわらず日…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです