メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症ならない・負けない・広げない

「たかが蚊」は間違い 国立国際医療研究センター感染症対策専門職・堀成美

ヒトにとって危険な動物は?

 「蚊に刺されたくらいで、こんな病気になるとは知らなかった」。帰国して体調が悪化して入院することになった患者さんが、病室へ向かう車椅子でつぶやきます。病名はマラリアやデング熱。海外旅行で出かけた先で蚊に刺されてしまったことが原因です。

 海外に行く時、レストランや観光地のチェックは多くの人がします。でも「何か感染症がはやっているかな?」と情報収集したり、「蚊の対策をしなくちゃ」と考えたり、具体的に備えをしたりして出かける人は、どれくらいいるでしょうか(私は医療者になる前はしていませんでした)。

 海外に出かける前に相談できる「トラベルクリニック」や「渡航者外来」は、日本ではまだ知名度が高くあり…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです