メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

包丁

研ぎ文化、ジャパンブランドに 海外発信へ意欲

藤原将志さん

 包丁を研ぐ優れた技術の習得者を認定する「包丁研ぎマイスター制度」の創設を提唱し、日本商工会議所青年部の「第13回ビジネスプランコンテスト」でグランプリを獲得した三重県松阪市久保町、「月山義高刃物店」の藤原将志さん(32)。包丁販売の傍ら、自らも「包丁研ぎ師」として活動する。世界で人気の和食文化を支える新制度の実現に向け、「日本古来の研ぎ文化を、新たなジャパンブランドとして海外にも発信したい」と意欲を燃やす。【橋本明】

 大学を卒業後、東京の老舗刃物店「木屋」に入社し、百貨店店舗での売り場責任者を務めた。研ぎに関心を深…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文973文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  3. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. ORICON NEWS テレビ朝日入社5ヶ月の24歳・新入社員が超異例のスピードで演出デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです