メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックマーク

人生を肴に飲む酒は=岸政彦(社会学者)

 仕事で月イチぐらいで沖縄を訪れる。調査と研究のためだが、夜になると酒を飲まなければならない。飲むのも仕事の一環である。

 那覇に行くと、桜坂でよく飲む。観光客でにぎわう国際通りから1本入ったところにある、戦後すぐからの古い飲み屋街で、バラックのような建物がぎっしりと並んで、あやしいネオンが酔客を誘っている。沖縄の復帰前はせまい道をすれちがうことも難しかったらしいが、いまでは寂れて、ひともまばらだ。その上、那覇の一等地なので再開発の魔の手が伸びていて、この街にも広い道路が通り、巨大な外資系のホテルも建設された。しかしその足元では、いまも築60年ぐらいの平屋のバラックのスナックたちが、元気に営業している。

 そのうちの一軒によく行く。つい先日もそこで、共同研究者のU氏と飲んだ。彼はとてもにぎやかな男で、飲…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文806文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです