メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

「ワインボトルはセーフ」宅配実験スタート

デモンストレーションでの飛行を終えて宅配用ドローンからワインを取り出した牧島かれん内閣府政務官(右端から2人目)=千葉市美浜区で2016年4月11日午前10時3分、内林克行撮影

千葉市の幕張新都心 20年までの実用化を目指す

 小型無人機「ドローン」を利用した宅配サービスの実証実験が11日、千葉市の幕張新都心で始まった。国家戦略特区の規制緩和を活用した市と国、民間事業者の連携プロジェクトで、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までの実用化を目指す。物流コストや配達時間の削減などで近未来のライフスタイルを変えると期待される一方、安全面や制度面など実用化に課題も残る。

 午前10時前、ワインボトル1本入りの籠を装着したドローンが商業施設の屋上(高さ約23メートル)を離陸し、10メートルほど上昇すると約150メートル先の公園に向け飛行を始めた。約2分で公園内の指定場所に無事着陸し、実験を見守っていた牧島かれん内閣府政務官がワインボトルに破損のないことを確認すると、関係者から歓声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです