メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市立中央図書館

図書館戦争ロケ地に全国から見学者

映画で「作戦室」として使用された部屋からはアーチ形の天井や館内が見渡せる

 アーチ形をした緑色の屋根が特徴的な北九州市小倉北区の市立中央図書館に、全国から見学者が訪れている。2月には、高校の修学旅行先にも選ばれた。2013年に公開された映画「図書館戦争」と、15年公開の続編「図書館戦争 THE LAST MISSION」のロケ地となったのが大きな理由だ。長年、中央図書館で勤務してきた職員の轟良子さん(62)と館内を巡りながら、映画への思いや図書館の役割について語ってもらった。【高芝菜穂子】

 館内にある扉に、うっすらと残る「防」という文字のシール跡。「図書館戦争のロケで『防護室』として使わ…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1441文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです