メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン大会

盛況 老舗から新参まで 水戸市も10月、個性派そろい人気 /茨城

昨年のかすみがうらマラソンのフルマラソン部門で一斉にスタートする参加者たち=土浦市で

 県内のマラソン大会が活況だ。健康作りに役立つうえ、地域活性化も期待できるため、自治体も積極的に取り組んでおり、10月には水戸市が初めてフルマラソン大会を主催する。人気はまだまだ続きそうだ。【玉腰美那子】

 県内最大のマラソン大会は17日に開かれる「第26回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン」(土浦市、かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)。国際陸連公認のフルマラソンなど全8部門に2万3210人がエントリーしている。発着点となる川口運動公園(土浦市)の一部が改修工事のため、エントリーを制限せざるを得ず、前回より約5000人少ないが、それでも全国でも有数の規模を誇る。

 霞ケ浦湖畔の美しい景色を楽しめることに加え、初心者でも参加しやすいウオーキングや、車椅子など多彩な…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです