メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トーク&トーク

美濃陶芸協会会長・林恭助さん(53) /岐阜

美濃陶芸協会会長・林恭助さん

誰もやらないことを

 真っ黒な鉄釉(てつゆう)を用いて焼かれた中国宋代の「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」の再現に成功し、海外で個展を開くなど、陶芸の可能性を追求し続ける美濃陶芸協会の林恭助会長(53)=土岐市泉町久尻。文化庁の2015年度の芸術選奨文部科学大臣賞(美術部門)を受賞するなど勢いに乗る陶芸家に、作品への思いや協会のあり方などを聞いた。【聞き手・小林哲夫】

 −−2001年に曜変天目茶碗の再現に成功されましたが、その魅力は。

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1512文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです