メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通訳サービス

スマホで 外国人観光客おもてなしアップ 城崎温泉、14カ所で実証実験 /兵庫

スマートフォンを介した英語の通訳サービスで会話をするサマンサ・バロウさん(左)と土産物店を営む三宅俊彦さん=兵庫県豊岡市城崎町の「いたや」で、浜本年弘撮影

 外国人観光客の宿泊者数が昨年3万人を突破した豊岡市城崎町の城崎温泉で、外国人観光客への対応力アップを目指す通訳サービスの実証実験が行われている。在宅の主婦らが通訳者として画面に登場するスマートフォンを介して、外国人側と迎える店舗側が対話できる仕組みを開発している。【浜本年弘】

 豊岡市と関西電力の通信子会社「ケイ・オプティコム」(大阪府)、在宅ワーカーサービス会社「うるる」(東京都)などによる試み。七つの外湯や土産物店、飲食店の計14カ所が協力している。言葉が通じにくい不便さを解消し、外国人観光客へのおもてなしアップへ向け28日まで、通訳サービスの実現性を探る。対応言語は英語。

 通訳サービスは、スマートフォンを使ってインターネットで「クラウド通訳」と呼ばれる通訳者の連絡先に接…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文738文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです