メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米国務長官、広島訪問

原爆慰霊碑に献花し整列した各国の外相ら=広島市中区の平和記念公園で2016年4月11日(代表撮影)

 戦後70年以上にわたり、日米の根底に深く刻み込まれた原爆投下のきずあと。米国の国務長官として初めてケリー長官が11日、被爆地・広島の平和記念公園を訪れ、原爆資料館を見学し、犠牲者を悼んだ。米外交トップの広島訪問の意義と影響について、日米外交に精通する2人の識者に話を聞いた。【聞き手・及川正也】

悲劇知る、歴史的なこと 明石康・元国連事務次長

 ケリー国務長官が広島を訪問した意義は大きい。ほかのG7の外相たちと一緒に原爆の生々しい資料を見て核兵器の実相を知ることは、歴史的なことだと思う。核兵器がどれほどの破壊力を持っているかを知るきっかけになる。原爆死没者慰霊碑に刻み込まれたことば「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」は、日本国民が米国、あるいは米国人を批判するという狭いカテゴリーではなく、人類全体として核兵器使用を二度と繰り返してはならないという決意だ。それをきちんとケリー長官にも見てほしい。

 ケリー長官は、イランとの核交渉で粘り強い外交を続け、イランに当面は核兵器を持たせないようにした。イ…

この記事は有料記事です。

残り3515文字(全文3972文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです